労災保険│愛商連が、建設業で働く方にお勧めしている、労災保険の目的・適用範囲・加入条件などについて

労務

Labor Management

労災保険とは 建設業で働くみなさんへ

労災保険とは、労働者が仕事中にケガや病気、または通勤中に事故に遭った場合に、その労働者に国が保険を支払う制度で、労働者の社会復帰促進の目的を持っています。

労災保険は、原則労働者を対象としていますので、事業主(法人役員含みます)や一人親方などは適用されませんが、「特別加入」をすると適用になります。

建設現場で働く人の労災加入には、①労働者として、②一人親方として、③中小事業主としての「3つの加入パターン」があります。

一人親方の労災特別加入について

もしもの事故に備えて、自分のために家族のために労災特別加入をしましょう!

一人親方のみなさん
特別加入していなければ会社に雇用されている労働者と同様に働いていても、労災事故が発生した場合、補償はされません。もしもの事故に備えて、労災特別加入をしましょう。国からの補償があり、本人はもちろん家族にとっても安心です。
下請業者のみなさん
貴社が抱え現場に出ている一人親方は、貴社の労働者と同じ仕事をしていても、特別加入していなければ労災事故の補償はありません。もしもの事故に備えて、一人親方には労災特別加入を呼びかけましょう。元請との契約をスムーズに進めるためにも必要です。
元請業者のみなさん
一人親方が現場で事故に遭っても、元請業者の労災保険は使えません。もしもの事故に備えて、一人親方の労災特別加入を促進しましょう。事故が起きてからでは遅すぎます。工事が順調に進行するためにも必要です。

特別加入の範囲
労働者を使用しないで事業を行うことを常態とする一人親方その他の自営業者及びその事業に従事する方が、組合に加入することにより特別加入できます。

一人親方労災保険特別加入について