インフォメーション│中小企業に向けた愛商連(愛知商工連盟協同組合)からの最新情報を更新します

インフォメーション中小企業をバックアップする様々な情報を更新

Information

  • 関連記事 > テーマ:
2016年2月17日(水)

当組合 長谷川道春副理事長 ネパール国 K・P・オリ首相と会談!

平成28年1月22日から31日まで 鈴木勝久氏(当組合顧問、元国際センター理事長)他11名と共に、愛知商工連盟協同組合副理事長として、ネパール連邦民主共和国を訪問、カドガ・プラサート・シャルマ・オリ首相と官邸で約2時間会談しました。
240年近く続いた王制が廃止されたネパール。2015年10月に就任したオリ首相は、新たな国づくりに動き出しています。

◎ 優秀な人材を育成し、産業の活性化に寄与する「愛商連」に期待!
日本とネパールは永年友好交流関係を築き、登山等の民間交流も活発で、ネパールの人々は、他にない「親しみ」を日本に示してくれています。
オリ首相は、豊な国づくりには、産業の振興が必要で、有能な人材の育成を急ぎたい。日本の技能実習生制度を活用し、最先端の技術、知識、情報を習得させ、モノづくりで経済活性化を進めたいと、「愛商連」の活動に期待を寄せています。
「愛商連」は優秀な人材を受入れるため、現地に日本の熟練技術者を派遣し、一定期間教育を行う国際奉仕活動も視野に入れる必要があります。

● ネパール連邦民主共和国
人口約2700万人、面積は北海道の約1,8倍、民族は100を超え、それぞれ独自のカースト体系を持つ多民族国家です。
北は世界最高峰の「エレベスト」で知られるヒマラヤ山脈、南はインドへ続く,タライ平野に囲まれた小さな国です。
インドと中国の間に位置するネパールは雪を冠したヒマラヤ山脈の壮大な風景とあいまって、「アジアのスイス」と呼ばれる美しい国です。

●ネパール経済
南西アジア圏内最貧国の一つで、低成長からの脱却が重要課題となっています。
GDP約213.5億ドル、GDP成長率は2015年の大震災の影響で3,4%と低い。    一人当たりGDP762ドル
主要産業は①農林業(GDPの約34%、就労人口の約66%)②貿易・卸売り業、③交通、通信業。人口の約10%が海外での出稼ぎ労働者で、その送金額がGDPの24%と、外貨に依存しているのが実態です。