小規模企業共済制度│愛商連がお勧めする、小規模企業の個人事業主、会社役員のための共済制度について

共済・保険

insurance

  • ホーム
  • 共済・保険:小規模企業共済制度

小規模企業共済制度

個人事業主・会社役員のみなさん、退職後のゆとりある「生活」を応援します。

小規模企業共済制度とは

小規模企業の個人事業主、または会社などの役員の方が、事業をやめられたり退職された場合に、生活の安定や事業の再建を図るための資金をあらかじめ準備しておく共済制度で、いわば経営者の退職金制度と言えるものです。
税制面でも非常にメリットがあり、節税をしながら将来に備えて貯蓄できます。

廃業時・退職時に、共済金を受け取れます。受け取りは、一括・分割・併用のいずれかを選べます。
共済金は税法上「退職所得扱い」または「公的年金等の雑所得扱い」となります。
事業資金等の貸付制度が利用できます(担保・保証人不要)。地震・台風・火災などにも、貸付を受けられます。

小規模企業共済制度

掛金

掛金月額は1,000円~70,000円の範囲内(500円刻み)で自由に選べます
加入後、増額・減額ができます
半年払いや年払いもできます

資格

常時使用する従業員が20人以下(商業・サービス業では5人以下)の個人事業主及び会社の役員
事業に従事する組合員が20人以下の企業組合の役員
常時使用する従業員が20人以下の協業組合の役員
常時使用する従業員が20人以下であって、農業の経営を主として行っている農事組合法人の役員
常時使用する従業員が5人以下の弁護士法人、税理士法人などの士業法人の役員

掛金全額が取得控除の対象

掛金は「小規模企業共済等掛金控除」として全額が課税対象所得から控除できます
年末調整・確定申告で所得控除できる結果、所得税や住民税が減額となります

小規模企業共済制度についてのお問い合せ

 

詳しい情報を知りたい方は、お問い合せフォームから愛商連にご連絡いただくか、
下記サイトにてご確認ください。
独立行政法人 中小企業基盤整備機構ホームページ内「小規模企業共済制度