記帳代行│愛商連の記帳代行サービスと御社PCに会計ソフトを導入する電子会計について

記帳代行とは

入金や出金に関わる資料から「損益計算書」「貸借対照表」「総勘定元帳」「仕訳日記帳」「決算書」など、税務申告の元になる書類を作成する業務です。
愛商連では、皆様方に簡単にそして安心してご利用いただくために、以下の工夫をしています。
なお、税務申告などは、愛商連提携の税理士が承っております。

こんな問題で困っていませんか?

経理のことや帳簿の付け方がわからない

仕事が忙しくて帳簿を付けている時間がない

処理待ちの領収書が溜まってしまってウンザリ

税金を払いすぎていないか心配

記帳代行サービス

愛商連では、安心・適正な価格で、コスト削減と業務の効率化を実現する戦略的アウトソーシングを提供し、「縁の下の力持ち」として、中小企業の成長と発展をサポートします。
 ・月々の記帳処理(公認会計士の指導による、質の高い計算書類の作成)
 ・「税理士」「司法書士」「行政書士」とのネットワークにより個人事業からの法人化
 ・提携「税理士」による申告書の提出
など、経理や税務に関する業務のお手伝いをさせて頂きます。

記帳代行サービスの流れ

記帳代行サービスの流れは、主に以下のようになります。
実際の記帳作業を開始する前に、記帳のルールや納期など、お客様のご要望をお聞きする打ち合わせをし、スケジュールを確定します。

Step1

資料のお預かり

毎月初めに、前月分の領収書や請求書などの資料をお預かりします。愛商連スタッフが訪問させていただくか、または必要資料を郵送していただいても結構です。

Step2

会計帳簿の作成

お預かりした資料(領収書・請求書など)を整理し、記帳作業を行います。

Step3

お届け

作成した各種帳簿(貸借対照表・損益計算書・総勘定元帳など)をお届けします。
(お届けは直接訪問させていただくか、郵送となります)また、お預かりした資料(領収書・請求書など)も同時に返却致します。

記帳代行サービスの種類

・毎月、資料(領収書・請求書など)をお預かりして、会計ソフトに入力後、帳簿・計算書類・月次試算表などを作成します。

・1年分のまとめ処理、決算月などに1年間の帳簿入力をまとめて行います。

電子会計(会計ソフトは無償でご提供致します ※有償のものもございます)

パソコンに会計ソフトを導入して、会計業務を自計化しませんか? 
財務会計情報のスピーディーな有効活用のためには、「自計化」をお勧め致します。
自計化とは、自社で作成している伝票や帳簿類を、会計ソフトを使ってデジタル処理することです。
愛商連では、会計処理のデジタル化をサポートしています。

電子会計のメリット

・事務処理の簡素化
・転記や集計作業の削減、業務効率アップ
・タイムリーな経営成績の把握

自計化サポートシステム

愛商連では、「JDL IBEX 出納帳」「EPSON財務応援」など、多くの市販ソフトに対応しており、経理の指導はもちろん、簿記の知識に自信がない方にでも日々の取引が簡単に入力できるように、会計ソフトの導入?設定まで、自計化を全面サポート致します。
ご不明な点や操作上の疑問など、なんでもご相談ください。

電子会計の流れ

お客様と直接お会いして、ご契約内容の確認をさせていただきます。
ここで、ご質問・ご要望などがあればお聞きします。

Step1

会計書類のお預かり・会計ソフトの初期設定

会計書類をお預かりして、お客様に合った個別の会計ファイルを作成致します。
また、愛商連では面倒な会計ソフトの初期設定も無料で行います。

Step2

会計ソフトのレクチャー

お客様が会計ソフトの操作方法を習得されるまで、訪問レクチャーを無料で何度でも
実施致します。

Step3

電子会計の開始

電子会計は、お客様と愛商連が電子メールを利用して、経理データを双方で
リアルタイムに連携して処理します。